Sample Company

日々是好日-道場での日々 Days in Dojo (Japanese only)

ホームページの管理人の日記です。

Index
 2019年  1月  9日  形の稽古
 7日  稽古初め
 2018年の日記はこちら
 2017年の日記はこちら
2018/01/09

剣道形の面白さがちっとも分かっていなかったと思います。剣道形をひと通り憶えた頃の私は「あとは講習会で教えてもらった注意事項に注意しながらきちんとした形で技を出せるように練習すればいいのでは」と考え、剣道形ってなんだかちょっと退屈だなあと思っていました。

ところが水田道場の形の稽古は違うのです。水田先生がお手本と共に説明してくださることは「そうなの!?!?」「そうだったの!?!?」の連続です。「ヤー」と「トー」の一往復だけと思っていた打太刀と仕太刀のやりとりは実は一本の中で何往復もしていて、試しに突いてみていると思っていた七本目の気当たりはそんなものではありませんでした。

「はい、やってみて」と言われて、水田先生が今してくださった説明をどれだけ実現できるか・・水田道場の形稽古は一挙手一投足が緊張の連続です。今日は風邪でお休みの先生が多かったので、形の稽古は更に緊張感を増しました。私は息をするのも忘れるんじゃないかと思うくらい緊張しました。

でも、形って退屈だなと思いながら「やー」と木刀を振っていた頃に比べて剣道形は面白い!と思います。水田先生は「みな上手になったね」と笑顔で褒めてくださいましたが、もっとちゃんとできるようになりたいと思います。そうしたらまた更に面白いものが見えるのだろうかと思います。

2018/01/07

働き方改革の一環だそうで、毎年仕事始めの日に行われていた職場の「新年挨拶」が、今年は4日(金)ではなく7日(月)の終業後に行われました。

センター長と所長の挨拶を聞いたらもう飲食どころではありません。乾杯のために持っていたコップを仲の良い同僚に押しつけて、職場の玄関を飛び出しました。

道場に着くと、いつもの先生方がまるで昨日の続きのように準備運動を始めていました。水田道場の人たちは剣道に対してすごく真剣だと思います。高段の先生方は更に高いところを目指して必死ですし、私はその姿をせめて見失わないように必死です。稽古は厳しく、うまくできないまま失意のどん底で帰途につくこともあるのに、どうして道場に来ると「帰ってきた」と思ってホッとするのだろうと思います。

私の後からも仕事帰りの方が続々やってきて、稽古後の整列はだいぶ長くなりました。「仕事が始まったからね。遅刻したけど今日は来られたよ」と笑顔でおっしゃる先生方を見て、今年も頑張ろうと思いました。