Sample Company

日々是好日-道場での日々Days in Dojo (Japanese only)

ホームページの管理人の日記です。

Index
 2020年  1月   15日  道中の幸せ
 14日  【美しい】について
 13日  水田道場新年会&古稀お祝いの会
 2019年の日記はこちら
 2018年の日記はこちら
 2017年の日記はこちら
2020/01/15

稽古の後、水田先生は整列した門下生に「先日はどうもありがとうございました」とおっしゃいました。

そして「会場ではお礼を言うので精一杯だったが」と少し間を置いて、「家に帰ってからしみじみとね、ああ僕は幸せだなあと思いました」と続けられたのです。

今回「新年会で水田先生の古稀のお祝いをします」とお知らせしたところ、すぐに「出席します」というお返事をくださった方が多いのに驚きました。また連休中の家族の行事でどうしても出席できない先生方からは「これをお祝いの足しに」とお気持ちを頂きました。

当日は会場にいない人たちのお祝いの気持ちも加わって、水田先生を心からお祝いする和やかで温かい会となりました。

門下生にしていただいてから、私は先生が「ここは稽古会ではない、道場です」と何度もおっしゃるのを聞いてきました。先生が『水田道場』という道場の土台を造るために人の気づかないところで心を配っていらっしゃることに時々気がついていました。

まだまだ道半ば、と先生はおっしゃるのではないでしょうか。でもその道の先頭を歩いている先生が「幸せだ」と思ってくださるのは嬉しいことだなと思いました。

2020/01/14

国語学の先生に
【美しい】という言葉は、他の似たような言葉とはっきり違う点があります。それは何でしょう?
というナゾナゾを出されたことがあります。

【美しい】は、【きれい】や【かわいい】と何が違うのか?

図書館で国語辞典を片端から調べて、【美しい】だけが、心が「快い」と感じる時に使われる言葉だということが分かりました。

稽古の終わりに水田先生が「皆さんそれぞれ今年の目標があると思うが、”美しさ”も目指してほしい」と話されました。美しい構え、美しい打ち、美しい所作、それらはすべて正しい基本の上にのみ成立するものだというお話を聞きながら、そのナゾナゾを思い出しました。

2020/01/13

水田道場の新年稽古の後、つくば市内のレストランで新年会が開催されました。今年の新年会は水田先生の古稀のお祝いをすることになり、「稽古には間に合わないけれど」と稽古にはいらっしゃらなかった先生方も来てくださり、賑やかな会となりました。

山崎先生は水田先生に古稀のお祝いを述べられ、開会の挨拶を「いつまでもお元気で、更に厳しい稽古をお願いいたします」と結ばれました。水田道場で先生にもっとも厳しい稽古をいただいている一人である山崎先生の言葉をみな反芻しながら聴きました。

水田先生は代わる代わる隣の席にご挨拶にうかがう人たちとお酒を酌み交わし、一人一人と丁寧に話をしていらっしゃいました。先生の和やかなお気持ちが会場を満たし、あちらこちらで楽しい話に花が咲いて、楽しく明るい会となりました。

水田先生、数えで古稀をお迎えになられますことお喜び申し上げます。いつまでもお元気で、山崎先生の半分くらいの厳しいお稽古をお願いいたします。